学生寮 長善館

公益財団法人諏訪郷友会
学生寮 長善館
長善館トップ長善館の歴史 | 施設・設備・生活行事・在館生現況オープンセミナー入館案内長善館へのアクセス
学生寮 長善館
長善館の歴史
長善館の施設・設備・生活
長善館の行事・在館生現況
オープンセミナー
長善館入館案内
長善館へのアクセス
長善館リンク
 
 
学生寮 長善館 外観と内観
  長善館の歴史
 学生寮長善館の名称は、旧諏訪高島藩の藩校「長善館」を継承したもので、その創設は、遠く享和3年(1803)にさかのぼる。明和・安永・天明と延々20年にわたって藩内で吹き荒れ、後に「二之丸事件」と呼ばれる騒動が一件落着して後の享和3年、時の第5代藩主諏訪忠林公(ただとき)と学問的に親交のあった天竜道人の進言で、お家断絶となった二之丸諏訪家の屋敷跡(現在の高島城址公園東口の門を出た正面)に藩校稽古所が設立された。
「長善館」の名称は、この藩校稽古所に命名されたものである。
名付け親は天竜道人で、館名の「長善」は、礼記の学記第十八にある「教フル者ハ、善ヲ長ジテ其ノ失ヲ救フ者也」の文言からとったもので、「教育の目指すところは、善なる点を長ぜしめ、その過失を改めさせることにある」と説かれている。

 藩校長善館は明治維新の廃藩置県で廃校になったが、その伝統は明治24年(1891)、当時東京本郷元町にあった旧高島藩控屋敷250坪の土地に、新時代の学生寮長善館として復活した。その原動力となったのは、青雲の志に燃えて上京した諏訪地方出身者たちの熱意と、旧藩主諏訪子爵家のご好意だった。土地と付属の土蔵一棟は諏訪家から無償貸与、館名には旧藩校の「長善館」を戴き、館内には松平定信公の揮毫になる「長善館」の扁額が掲げられた。この扁額は文政10年(1827)8月、寛政の改革で知られる白河楽翁松平定信公より、孫の忠誠(ただまさ)7歳の誕生を祝って時の第8代藩主忠恕(ただみち)に贈られたものである。

長善館 松平定信揮毫
 松平定信公筆の「長善館」の扁額は、本郷から巣鴨へと受け継がれたが、昭和20年(1945)4月の巣鴨地方一帯の空襲で残念ながら焼失した。しかしその後、巣鴨から仙川に移った長善館で、扁額の拓本を保存していた長善館出身者からの申し出があり、平成4年(1992)、長善館創立百周年記念事業の一環として、その復元制作が行われ同年10月、復刻なった扁額「長善館」は館内ホール正面に設置・掲揚された。

 以来学生寮長善館は、時代の推移と共に、本郷元町から巣鴨宮下、調布市仙川へと、その所在地の変転はあったが、常に諏訪地方出身の在京学徒たちの寄宿舎、心のよりどころとして、明治・大正・昭和・平成と、延々一世紀を超える長きにわたって、その伝統を大切に受け継ぎ、幾多の俊秀を世に送り出してきた。

 現在学生寮長善館は、諏訪地方出身の多くの人々の努力により設立された公益財団法人諏訪郷友会の育英事業の一環として維持・運営されている。開設以来受け継いできた資産とともに、向学心に燃えて上京する後輩達のために有志・篤志家・長善館の同窓生、さらには企業や一般の人々までもが加わった諏訪郷友会会員の尊い寄付や地方自治体の後援と関係者の無償の努力が運営の基盤となっている。
 長善館が現在の地、調布市若葉町に移転してからも数々にわたる修繕、改築、増築が行われてきた。しかし現在の長善館は全く新しい構想のもとに新時代にふさわしく全室個室の自治寮・IT導入などを目標に設計され、平成15年3月に完成した。
(新長善館物語より)
  館長あいさつ
 
諏訪地区出身者を優先ですか
長善館 館長  中谷 範行
 「長善館の入館は諏訪地区出身者を優先でしょうか」。こんな問い合わせがよくありますが、そうですね、医科大入試での男子・現役優先の様なことはありません。諏訪地区の希望者が多いために結果としてそうなりますが、あくまで人物次第です。例えば、館長の私も上伊那生まれ、それほど気にしなくてもいいでしょう。
 現在(2018.9.1)の館生39名は、出身地区別で諏訪地区29、松本地区3、飯田・長野・佐久の各地区2など、高校別で諏訪地区22、松本5、長野3、佐久、伊那2など諏訪が大半ですが結構全県的ではないでしょうか。まあ、県歌「信濃の國」を口ずさめれば入館資格者は十分です。
ちなみに在籍大学は青山学院、専修が各3、慶應、中央、東京、東洋、二松学舎、法政、早稲田が各2などで27大学となっています。
 ご案内しましょう、公益財団法人・諏訪郷友会が運営する長善館は、明治24年に諏訪人の高等教育への熱意により、諏訪高島藩校「長善館」名を継承し創立されました。伝統の自治学生寮として共同生活「自立(自律)、協同、感謝」をモットーにしています。時代とともに館生委員会が館生活ルールを決めて、それを皆で順守することで共同生活が動きます。
 もちろん、自立(自律)は、館生一人ひとりが独立した大学生であって、自分のことは自分の責任において判断・処理し、自分を厳しく律して、人に迷惑をかけないこと。協同は各々の責任を自覚し知恵と力を合わせて有意義な共同生活の実現を図る。感謝は人間にとって最も大切な心遣い、自分を支えてくれるすべての存在に感謝の心で接することです。
 毎年秋の館生主催の「記念祭」は今年で127回を重ねて、館生伝授の諏訪長持ち・花笠おどりが仙川商店街を道中します。
 どうですか、この「長善館大学」で、社会人への一歩となる「自由と規律」の共同生活を楽しみませんか。
 
長善館トップ長善館の歴史施設・設備・生活行事・在館生現況オープンセミナー入館案内長善館へのアクセス
Copyright (C) 2010 学生寮 長善館 All rights reserved